幽遊白書が舞台化決定!演目は?飛影の身長やコエンマおしゃぶりは?

幽遊白書 舞台化 演目 飛影 身長 コエンマ おしゃぶり

http://officeendless.com/sp/yuhaku/

週刊少年ジャンプにて、1990年から4年に渡って連載されていた『幽遊白書』は、小学生からOLまでもが夢中になった漫画です。

アニメ化されるとヒットにヒットを飛ばし、キャラクターグッズやCDなどが次から次へと飛ぶように売れました。

映画化もされましたよね。

特に『蔵馬と飛影』の最強コンビには、ハートを射抜かれた女子が多発したのではないでしょうか。

そんな冨樫義博先生の大人気漫画『幽遊白書』が、舞台化して帰ってきます!

まさかこんな日が訪れようとは・・・夢にも思いませんでした!

今回の舞台化は、2017年に『幽遊白書アニメ化25周年』を記念して企画されたものなんですって。

これは観に行くしかないですよね!

そこで今回は、幽遊白書が舞台化するにあたり、気になったことをまとめました。

演じられるストーリーは?飛影の身長は再現されるの?コエンマのおしゃぶりは咥えたまま?・・・が、気になるポイントです!

スポンサーリンク

幽遊白書が舞台化決定!演目は?ストーリーはどこ?

2019年8月から公演される『幽遊白書』で、キャラクターを演じる役者さんが決定!発表がされました。

主要人物10人を一気にご紹介します!

浦飯幽助/ 崎山つばさ

桑原和真/ 郷本直也

蔵 馬 / 鈴木拡樹

飛 影 / 橋本祥平

コエンマ/ 荒木宏文

雪村螢子/ 未来

浦飯温子/ 角島美緒

ぼたん / 平田裕香

剛 鬼 / 新田健太

玄 海 / エリザベス・マリー

ストーリーの内容としてヒントになりそうなのが、キャストの最後の二人『剛鬼』と『玄海』です。

玄海

玄海とは、玄海師範のことですね。

霊能力者としては5本の指に入るほどの実力者であり、浦飯幽助の師匠でもあります。

カンフーチックな装いと、ピンクの天然パーマがトレードマークのおばあちゃんでしたよね。

今回の舞台で玄海を演じるエリザベス・マリーさんは30歳ですので、流石に70代のおばあちゃん役とは思えません。

ということは、若い少女時代の玄海役ということになりますが、もしかしたら『暗黒武術会編』がメインストーリーなのでしょうか?

その割には宿敵、戸愚呂兄弟の名前が見当たりませんね。

剛鬼

続いて剛鬼です。

このキャラクターは、浦飯幽助がこの世とあの世の間から復活した際に、霊界探偵として初めて任務を与えられた時に登場した大男でした。

この時は、蔵馬・飛影も剛鬼の仲間として霊界の三大秘宝を盗んで大暴れしていましたね。

玄海師範がどのように絡んでくるのは謎ですが、幽遊白書舞台版で演じられるのは、蔵馬・飛影との出会い辺りになるのではないでしょうか。

幽遊白書が舞台化決定!飛影の身長は?

実写・舞台化として一番気になるのが、キャラクターの再現度です。

スラッとしたキャラクターがゴッツくなっていたり、可愛らしいキャラクターがどことなく大人びていたりすると「違うーー!」ってなっちゃいますもんね。

で、飛影です。

飛影は、主要メンバーの中では一番ちっちゃくて身軽で神出鬼没なキャラクターです。

逆立った髪の毛で身長が高く見える錯覚を起こさせていますよね。(多分)

キャラクターの身長は公式的に設定がありませんので分からない部分ではありますが、おおよその身長は次のようになっていると思われます。

浦飯幽助・・・170cm

桑原和真・・・190cm

蔵馬・・・180cm

飛影・・・150cm

幽遊白書 https://www.adores.jp/
[/caption]

次にキャスティングされた俳優さんのリアルな身長を見ていきます。

浦飯幽助/ 崎山つばさ・・・175cm

桑原和真/ 郷本直也・・・186cm

スポンサーリンク

蔵 馬 / 鈴木拡樹・・・173cm

飛 影 / 橋本祥平・・・170cm

浦飯幽助と桑原和真の身長差はちょうど良さそうですが、蔵馬が浦飯幽助よりも若干低めですね。

しかし、この程度の身長差は観劇中は気にならない範囲と思われます。

そして、気になっていた飛影は4人の中では一番低くはなっていますが、せめて160cmくらいの人が良かったかな?って、個人的には思ってしまいました。

幽助・蔵馬・飛影の3人が、だいたい同じ身長の役者さんでキャスティングされていますね。

ちっちゃくて可愛い飛影なのに髪を逆立てたら、誰よりも高身長になっちゃうのかな。

幽遊白書が舞台化決定!コエンマのおしゃぶりは?

霊界を仕切る閻魔大王の息子・コエンマ。

見た目は幼児でおしゃぶりがトレードマークのコエンマは、実は1000年以上も生きているという設定です。

(そうなってくると閻魔大王って、一体何歳になるんですかね?)

舞台版でもリアルに再現されている、コエンマの口元にはおしゃぶりが!!

配役された荒木宏文さんも、まさか大人になっておしゃぶりを口にするとは思いも寄らなかったでしょうね。

しかし、おしゃぶり咥えたままセリフは言えるのでしょうか?

この部分に関してはネットでもザワザワしています。

『幽遊白書が舞台化?コエンマはおしゃぶり咥えたまま喋れるの?』

『おしゃぶり咥えてたらセリフが言えなさそう

『おしゃぶり咥える役者さんは大変だ』

『役者さんの能力が求められる役ね』

よだれ垂れない?』

『おしゃぶり咥えたまま喋るの難しそう』

ほとんどの人が『おしゃぶり咥えたまま喋ることができるか』という心配や驚きの声が上がっています。

実際にものを咥えたまま声を出してみると、唇を閉じていたら声が口の中にこもって何を言っているのかわかりません。

おしゃぶりを歯で挟むことで唇は動かせますし、ある程度何を言っているのかが理解できるようにはなりますが、言葉が前に飛んでいかないので聞き取りにくくなると思われます。

喋っている間におしゃぶりがスポ~ン・・・何てことも、無きにしもあらずですよね。

これは・・・、おしゃぶりを咥えたまま喋るのではなく、発言する際は一旦手にとって喋ると考えるのがスマートではないでしょうか。

どちらにしても、コエンマを演じる荒木宏文さんの登場シーンはドッと笑いを取るでしょうね!

幽遊白書が舞台化決定!演目は?飛影の身長は?コエンマのおしゃぶりは?のまとめ

ということで、幽遊白書舞台化にあたって、気になったことをまとめました。

ストーリーは『剛鬼』がいる時点で、三大秘宝を取り返す話になりそうですよね。

また、飛影の身長がちょっと高めだったのが残念ですが、現実的に150~160cmの舞台映えする男性はいないのでしょう。

更にコエンマのおしゃぶり問題は、実際に観劇した人しか見ることができませんので、これは是非とも早めにチケット購入を検討したほうが良さそうです。

幽遊白書舞台観劇日時

東京公演8月28日~9月2日(東京・シアター1010)

大阪公演9月4日~9月8日(大阪・森ノ宮ピロティホール)

福岡公演9月10日~9月12日(福岡・ももちパレス)

愛知公演9月20日~9月22日(愛知・一宮市民会館)

先行予約チケットは5月11日より発売

一般販売チケットは6月23日より発売

詳細は、公式サイト『Office ENDLESS』をご覧ください!

夏休みが明けたら、幽助・蔵馬・飛影・桑原くんに会いに行きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする