今泉慎太郎は古畑任三郎をどう思っている?好き?嫌い?尊敬してる?

 

古畑任三郎を語るには、ドジでオチャラケた部下の今泉慎太郎を外すことは出来ません。

 

このキャラクターは、俳優・西村雅彦さんが演じられていましたよね。

 

今泉慎太郎といえば、現場を見たまんまの平々凡々な推理しか出来ず、しかも刑事らしからぬ言動で古畑任三郎の推理を邪魔するおじゃま虫的なキャラクターともいえます。

 

刑事として役に立つことがほとんどありませんが、捜査の一環として命令された古畑任三郎のどんな要求にも体を張って応じてみせるタフさがあります。

 

そして、ここぞという時は、古畑の謎を解く鍵を見事に演じてみせるミラクルな男でもあるのです。

 

「古畑さんが今泉さんを、手放せない理由がわかる気がします」

 

3rdシーズンよりレギュラー出演となった西園寺守(石井正則さん)もこう語っているあたり、ポンコツに見える今泉慎太郎は古畑にとって、なくてはならない唯一無二の存在といえるでしょう。

 

息のあった名(迷)コンビな二人ですが、ただ一点気になるのは・・・、科学研究室に駆け込んでは桑原万太郎(伊藤俊人さん)に、古畑のことを悪く言って聞かせるシーンが描かれているんですよね。

 

あんなにいい関係を築いておきながら、堰を切ったように飛び出てくる古畑への悪口は一体どういう意味があるのでしょうか。

 

そこで今回は今泉慎太郎が、本当は古畑任三郎をどう思っているのか、好きなのか嫌いなのかなどについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

今泉慎太郎は上司である古畑任三郎が好き

今泉慎太郎といえば、いつも古畑任三郎と一緒にいるイメージがありませんか?

 

同じ捜査一課に所属しているのですから、同じ現場に現れ、一緒に捜査するのはわかります。

 

でも実はこの2人、プライベートの時間まで共有していることが多いのです。

 

古畑はいつも今泉慎太郎を煙たい存在のように演じて見せていますが、それは「好きだよ」のサインのようにも思えます。

 

好きと嫌いは紙一重・・・愛情の裏返しってやつです。

 

その証拠に、いやいや言いながらも今泉慎太郎の誘いにちゃっかり乗っちゃって、プライベートで一緒に連れ立ってでかけちゃっています。

 

そんな上司・古畑任三郎のことを、部下・今泉慎太郎が好きで好きでたまらないんだろうなぁと思わせるシーンをご紹介します。

 

今泉慎太郎は古畑任三郎のことが好き

たいていの人は、嫌いな人を避けるものです。

 

ましてや上司で、自分のことを顎で使うような人だったら、携帯電話の番号だって見るもの嫌ですよね。

 

なのに今泉慎太郎はその感情を超えたところで、何かって言うと古畑任三郎と行動をともにします。

 

第5話『汚れた王将』では、将棋の対局・竜人戦を開催している旅館に二人して偶然とまっていたり、第9話『殺人公開放送』では、今泉が応募した番組収録の観覧はがきが当たったことで、霊能力者・黒田清(石黒賢さん)の霊能ショーの生放送の番組収録を、2人で肩を並べて見学していたりしましたよね。

 

周りの観客は白やパステルカラーで小綺麗に着飾ったマダムばかりの中、子供のように目を輝かせて黒田清を見つめる男・今泉慎太郎と、科学などこの世に存在しないと冷めた目で見つめる男・古畑任三郎が隣り合って座っている光景が、なんとも滑稽でした。

 

今泉慎太郎が、自律神経失調症の治療の一環でフラワーアレンジメントを習い始めたのが、第24話となる『しばしのお別れ』でした。

 

このお稽古に、全然全く興味を示さない古畑任三郎を連れ出し、体験させるという件。

 

『来るんじゃなかった』という古畑の率直な気持ちが、生花でリアルに表現されていていました。

 

何かって言うと、「興味ないよぉ」「帰ろうよぉ」と駄々をこねる古畑ですが、性懲りもなく何度も誘うってことは、上司だろうが顎で使われていようが、古畑を好きでなければ出来ない行動だと思います。

 

今泉慎太郎は海外旅行を福引で当てる強運の持ち主

今泉慎太郎は古畑任三郎と一緒に、海外旅行にも行っています。

 

スペシャル枠となる第13話『笑うカンガルー』では、缶詰の懸賞を当ててオーストラリア旅行を楽しんでいました。

 

同じくスペシャル枠の第39話『すべて閣下の仕業』でも、商店街の福引でスペイン旅行を当てています。

 

人生、生きていたら何かしらのビッグイベントが起こるものですが、この短期間に2度も海外旅行を当てるものでしょうか。

 

結婚してアトランタへ移住した、小石川ちなみ宅を訪問する旅行を含めると、今泉慎太郎は古畑との海外旅行を3度も経験したことになります。

 

お互い好きでなければ、こんなにも頻繁に旅行なんてしませんよ!

 

古畑任三郎もまた今泉慎太郎のことが好き?

第19話『VSクイズ王』の回では、珍しく古畑任三郎がクイズ王に挑む番組に出演していました。

 

まぁ結果は・・・、予選でお手つきを連発した古畑が自滅し敗退するのですが、このとき付き添いとして連れてきていたのが今泉慎太郎でしたよね。

 

今泉のヒントが仇となり、決勝に勝ち残ることは出来ませんでした。

 

そして第21話『魔術師の選択』では、動物病院で偶然知り合いになったマジシャンのたまご・毛利サキ(松たか子さん)に招待されたマジッククラブ創立10周年記念のパーティーにも、今泉慎太郎を連れていました。

 

「苦手なんだよぉ」と言いながらも、今泉を誘って出席していますよね。

 

行かない・・・という選択肢だってあったのに。

 

こうして振り返ってみると、二人は持ちつ持たれつ、互いが惹かれ合う仲なのが良くわかりますね。

 

今泉慎太郎は小馬鹿に扱う古畑任三郎が嫌い

そうかと思えば、今泉慎太郎が古畑任三郎のことを悪く言うシーンがあります。

 

古畑任三郎本編では、第12話『最後のあいさつ』で登場した、腐ったりんご。

 

このりんごの表面がなぜズルズルになっているのかを調べるために、科学研究室の桑原万太郎の元に行かされたときの話です。

 

古畑任三郎を蔑むような眼差しで陰口を叩く今泉慎太郎の態度は、いつもの「古畑さーん!」と言ってい駆け寄る姿からは想像が出来ないものでした。

 

猛毒を仕込んでやろうとする件は、優しくておマヌケな今泉慎太郎らしからぬ行動でした。

 

でも、不満が溜まっているのであれば、吐き出さなければいつか精神がおかしくなってしまいます。

 

その証拠に、今泉慎太郎の体にははっきりと異変が起きていました。

 

自律神経失調症です。

 

自律神経失調症を発症した今泉慎太郎は、二回も一時休職していましたよね。

 

この病気は、内科や整形外科では原因を突き止めることはできないのが厄介で、体には次のような症状が表れます。

・慢性的な疲労

・だるさやめまい

・偏頭痛

・動悸

・不眠症

・手足のしびれ

 

精神的な症状も表れます。

・イライラ

・不安感

・疎外感

・やる気がでない

・憂鬱になる

 

実際に今泉慎太郎は「運転中に気を失うことがある」と言っています。

 

古畑任三郎に何をされても言われても、笑顔で受け流す今泉慎太郎ですが、実は繊細でガラスのハートを持った心優しい男性なんですよね。

 

古畑任三郎も今泉慎太郎が嫌い?

第32話『再会』で、小学生時代の友人・安斎亨(津川雅彦さん)宅に招待されたことがありました。

 

このとき古畑が運転手として同行させたのが今泉慎太郎ではなく、頭の切れる小男・西園寺守でした。

 

その後、ファックの送り状から住所を割り出し、古畑を追いかけて来た今泉に対して「こんな(気を失う)やつの車なんかに乗れない」と、冷たくあしらわれていました。

 

でも私は、古畑任三郎なりの、今泉慎太郎への優しさを感じました。

スポンサーリンク

 

一見すると今泉は、古畑・西園寺に仲間はずれにされて可愛そうなのですが、そうではなく、しょっちゅう自立神経失調症で休む今泉の容態を心配し、ゆっくり療養してほしいという優しさだったように思えてならないからです。

 

痔で入院したこともありましたしね・・・。

 

捜査にミラクルを起こす今泉慎太郎を、実は大切に思っているのです。

 

今泉慎太郎は誰よりも古畑任三郎を尊敬している

そうなんです。

 

今泉慎太郎は、冷たくあしらわれても邪険にされても、古畑任三郎のことを尊敬しています。

 

長年、一緒に事件を解決(?)してきている名(迷)コンビなだけあって、自分が古畑に一番可愛がられていることを、西園寺守に猛アピールします。

 

海外旅行をしたことなども自慢するあたり、子供っぽいところが憎らしくも可愛らしく感じます。

 

「あんまり調子に乗るな」みたいなことを言って西園寺に釘を刺すのですが、これは今で言うパワハラに当たると思われます。

 

しかし西園寺も西園寺で「あれほど役に立たない人がいるとは」と、今泉慎太郎のことを真に先輩とは思っていないあたり、ハラスメントとしては成立しないかもしれませんね。

 

頑張れ!今泉慎太郎!

 

第14話『しゃべりすぎた男』で、大学時代の親友で弁護士の小清水潔(明石家さんまさん)に罪をなすりつけられたときも、「今からでも遅くないから、自分はやってないと言うんだ」と古畑に諭され、素直にしたがいました。

 

二人の間に信頼関係が成り立っていなければ、弁護士の方を信じてしまうかもしれない場面です。

 

あの時点では自分をハメた犯人が、まさか友人だなんて微塵にも感じていなかったわけですから、捜査から外された上司と、執行猶予がつくように尽力してくれる友人、両天秤にかけたら・・・ね?

 

真犯人が小清水潔であることが公にさらされて、無罪となった瞬間の今泉慎太郎のほころんだ笑顔と、大切な部下を救えてホッとした刑事でない顔を見せた古畑のやり取りは、心にしみました。

 

古畑任三郎も今泉慎太郎のことを・・・?

同じく『しゃべりすぎた男』で、よく喋るけったいな弁護士に殺人の罪をなすりつけられた今泉慎太郎を救うべく、古畑は怪しげな小清水潔にロックオン!

 

捜査から外れているにも関わらず執拗に小清水潔を追い回し、こう宣言します。

 

「小清水先生。私は、あなたが殺したと思っています」

友人の人生がかかっているんです

「必ずシッポを掴んでみせます」

 

このときの古畑の強い口調。

 

あんなに厄介者扱いをしてきた今泉慎太郎のことを『友人』と宣言しました。

 

小清水潔に対してのあてつけだったのかもしれませんが、それでも『友人』と認めた古畑は、なんだかんだ言って今泉慎太郎を慕っているんですよね?

 

第17話『赤か、青か』でも、爆弾が仕掛けられた観覧車に閉じ込められた今泉を救うべく、林功夫(木村拓哉さん)を必死に追い詰める古畑の焦りの姿がありました。

 

いつも冷静沈着の、あの古畑任三郎が、今泉慎太郎の命が危ういことで平常心を欠いた回でもありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古畑任三郎 2nd season DVD-BOX [ 田村正和 ]
価格:17615円(税込、送料無料) (2020/6/10時点)


 

今泉慎太郎は古畑任三郎をどう思っている?好き?嫌い?尊敬してる?のまとめ

今泉慎太郎は古畑任三郎のことが好きだし、尊敬していることがわかりました。

 

時々、古畑任三郎に隠れて悪口を言ったり、偉ぶってしまったりしていますが、それは今泉慎太郎なりのストレス発散方法です。

 

真から嫌ってなどいなかったのです。

 

古畑任三郎もまた、今泉慎太郎を心の底から嫌っているのではありません。

 

そうでなければ、不出来な部下をプライベートに同行させるわけがないからです。

 

信頼し、信頼される関係ってなかかな築くことが出来ない現実世界で、もし、今泉慎太郎と古畑任三郎のような関係が成り立つ上司や部下に巡り会えるのならば、それは奇跡なのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする