土屋太鳳嫌いな人続出!性格悪い?前と感じが違うが本当は良い娘?

土屋太鳳 嫌いな人 性格悪 前と 違う 性格いい今やテレビドラマや映画、CMなどで姿を見ない日が少なくなった女優・土屋太鳳(つちやたお)さん。

彼女の魅力は『土屋太鳳』という『入れ物』に何かが憑依したかのように魅せるダンスが出来ることではないでしょうか。

覆面シンガーとして知られる『シーア』は自分の顔を露出することがなく、ミュージックビデオにはトレードマークのボブウィッグをつけたパフォーマーが、その世界観を表現するのですが、『アライヴ』という楽曲の日本版ミュージックビデオに太鳳さんが出演したのです。

シーアの世界観はどれもが狂気に満ちており、絶望や悲しみや怒りのような様々な感情が入り乱れているような音楽となっています。

一見大人しそうで可愛らしい太鳳さんですが、あんなにも激しく、鬼気迫るダンスを披露され、見事にシーアの世界を再現していました!


「土屋太鳳!凄い」

狂ったような表情を見せたかと思うと、今度は子供のような無邪気な笑顔を見せ、また精神が壊れたかのように踊り出す。

日本人でここまで自分の殻を脱ぎ捨て半狂乱になれる女優さんって、どれほどいるでしょうか。

そんな土屋太鳳さん、実は多くの人から嫌われているようなのです。

そこで今回は、土屋太鳳を嫌いな人が言う『性格悪い』という事柄についてまとめました。

太鳳さんは性格が悪いの?

白黒はっきりさせましょう!

スポンサーリンク

土屋太鳳を嫌う人が言う『性格が悪い』ところ

土屋太鳳さんといえば、明るくて気立ての良いお嬢さんというイメージが強いのですが、「嫌いだ」と言っている人にとってはとにかく性格が悪く写っているようなのです。

土屋太鳳の基本情報

本 名/ 土屋太鳳(つちやたお)
出身地/ 東京都
誕生日/ 1995年2月3日
血液型/ O型
身 長/ 155cm
事務所/ ソニー・ミュージックアーティスツ

可愛らしい顔をしている太鳳さんですが、その口からは耳を疑うような言葉を発せられていました。

誰にでも一つや二つはある『口癖』ですが、もちろん太鳳さんもついつい口について出てしまう口癖があります。それが、

「うぜーんだよ!」

向けられた相手は仕事仲間であるスタッフさんというから驚きですよね。

その場に居合わせたいた他のスタッフさんからも「あの態度には驚いた」と語られていることから、どうやら「うざい」と言い放ったのは本当のようです。

アシスタントさんには「おい!お前!」と乱暴に呼んでみたり、事あるごとに芸能人・有名人気取りだったりするそうです。

ちょっと信じ難いですが、『火のないところに煙は立たない』ということわざからも、私たち視聴者側には見せない一面を持っていることが明らかになりました。

土屋太鳳の雰囲気が以前と違う理由

太鳳さんが芸能界入を果たしたのが2005年、当時10歳の少女でした。

40,000人もの応募があった『スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス』に自ら応募し、見事に審査員特別賞を受賞したのでした。

芸能界に入ったばかりの頃の太鳳さんのキャラクターは男の子のようだと言います。

多分それは三人兄弟の内、自分だけが何もないというコンプレックスから、徹底的に自分を追い込み何事にもストイックに取り組む姿勢にあったからでしょう。

そんな太鳳さんの雰囲気が変わったとされるのが2010年頃。

これまでの『男の子キャラ』を払拭すべく、彼女は女性らしく振る舞うようにしました。

しかしこれが悪い方に転がってしまったようで、女の子らしく振る舞えば振る舞うほど世間からは『ぶりっ子』だと思われるようになったのです。

女性は特に『ぶりっ子』な女性を嫌いますよね。

時同じくして太鳳さんは『舌小帯短縮症(ぜつしょうたいたんしゅくしょう)』の手術も行なっています。

●舌小帯短縮症●
舌の裏側の真ん中で口のそこに向かっているヒダを舌小帯といい、これが短かったり舌の先端に近いついていたりすることで、滑舌が悪く・速く話しをしようとすると舌がもつれるなどの『発音障害』が認められます。
太鳳さんはこの手術を受けることでタ行が言いにくくなってしまい、結果、舌っ足らずな話し方なったのです。

スポンサーリンク

脱・男の子キャラと、舌小帯短縮症の手術が偶然にも同じ時期に重なった結果、太鳳さんはぶりっ子キャラというレッテルを貼られてしまったのです。

これが、太鳳さんの雰囲気が変わったと思われる事実です。

土屋太鳳は作っているから性格がいいの?

太鳳さんがあざといと言われる理由は、その抜け目のない清純で優等生っぷりが要因となっているようです。

は『バラエティでのトークは鈴の鳴るような可愛らしい声で上品な喋り方をする』

『身のこなしや所作もガサツさはない』

『批判されるような、変わった箸の持ち方・食べ方などもない』

『当たり前のように行儀よく振る舞っている』

『受け答えが優等生』

日本舞踊やクラシックバレエ、ヒップホップダンスなどを小さい頃から習っている太鳳さんはしっかりと躾けられ、一般的な常識が身についているだけのことではないでしょうか。

土屋太鳳さんのまとめ

非の打ち所がなく、完璧に自然な振る舞いが出来るのは、小さい頃から厳しく躾けられた賜物。

しかし10歳から芸能界に入り、辛く苦しいオーディション時代を乗り越えたという自負が、ちやほやされるのが当たり前となった今、彼女を天狗にしてしまったのですね。

「私は有名人」「私は女優」「一般人とは違う」「選ばれし者」

そんなふうに心のどこかで思っているから、一緒に番組を作っている仲間であるスタッフさんやアシスタントさんへの暴言が吐けるのです。

既に太鳳さんの天狗姿が見えている女性視聴者さんだから、嫌われて当然と言わざるを得ないでしょう。

太鳳さんは、そのことに早く気付き言動を改めないとスタッフさんどころか、ファン層からも後ろ指をさされるようになるのではないでしょうか。

2018年夏ドラマ『チアダン』に主演として出演中です。併せてご参照ください!
『チアダン遂に連続ドラマ化決定!撮影ロケ地は福井県で10年後を描く』

土屋太鳳さんの姉役・新木優子さんの情報
『新木優子がお嬢様jewel愛用?彼氏いたことないのは可愛くないから!』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする