デスパイネの嫁や子供の存在?年俸はキューバに!背番号拘りの秘密

デスパイネ 嫁 子供 年俸 キューバ 背番号福岡ソフトバンクホークスで大活躍している打者・デスパイネ

デスパイネ選手が日本の球団入りしたのが2014年のこと。千葉ロッテマリーンズで3年間、チームメイトにもファンにも愛されていました。

しかし、ロッテの林信平球団本部長はキューバ政府との交渉を打ち切り、デスパイネ選手を手放すことになったのです。

ロッテとしてはなくてはならない選手だったのですが、キューバ政府が途轍もないの要求額を提示したため、条件が合わず、デスパイネ選手残留をなくなく断念したのです。

デスパイネ選手としても、ロッテを離れる意志はなくマリーンズでのプレーを強く希望していたそうですが、母国キューバといえば完全なる『社会主義国家』で、政府に派遣される公務員扱いのデスパイネ選手にはどの球団でプレーをするのかという決定権はなかったのです。

なんだか、『ドナドナ』の仔牛のように思えて、胸が締め付けられる思いですね。

そこで今回は、爆発的な破壊力を持つデスパイネ選手のお嫁さんや子供、年俸のこと、背番号へのこだわりについてまとめました。

愛くるしいデスパイネ。

マリーンズにもホークスにも、そしてどちら球団のファンにも愛されるデスパイネ選手のことを深く知っていきましょう。

スポンサーリンク

ソフトバンクホークス・デスパイネの嫁と子供

とにかくお茶目なデスパイネ選手。

ひと度バットを握らせると別人のような顔つきで、飛んでくる打球を外野席のフェンス内へと叩き込みます。

そんなデスパイネ選手が結婚しているのか、とか、お嫁さんや子供がいるのか、とか、考えたこともありませんでしたが、気になりだしたら夜も眠れなくなってしまいました!

その辺、どうなんですか?デスパイネ選手!!

デスパイネ基本情報

本 名/ Alfredo Despaigne Rodriguez (アルフレド・デスパイネ・ロドリゲス)
国 籍/ キューバ
出身地/ サンティアゴ・デ・クーバ州パルマ・ソリアーノ
誕生日/ 1986年6月17日
身 長/ 175cm
体 重/ 95kg
投球・打席/ 右投右打
ポジション/ 外野手・指名打者
因みにデスパイネ選手は、嵐・二宮和也さんと同じ誕生日でした!

選手名鑑には『既婚』と記載されていました。

千葉ロッテマリーンズ時代の情報によると『単身赴任している』ということで、お嫁さんはキューバにいらっしゃるようですね。

お嫁さんやご家族の情報があまりないのですが、おそらくキューバで出会い結婚というスタートを切ったものと思われます。

2017年には、ソフトバンクホークス(日本)と母国キューバでの活躍が大きく評価され『キューバ最優秀選手』に選ばれていることから、デスパイネ選手の愛する家族はキューバということが窺い知れます。

結婚とは無縁そうに見えるデスパイネ選手ですが、既に結婚をしていたんですね。

二人の間には可愛いお子さんが二人もいました。

写真から推測すると、上の子は小学校高学年か中学生くらい、下の子は小学校に上がったくらいだと思われます。

一番可愛い時期にデスパイネパパは日本で1人、愛する家族のために戦っているのかと思うと、なんだか切ない気持ちに駆られてしまいますね。

ソフトバンクホークス・デスパイネの年俸はキューバに送金?

現在福岡ソフトバンクホークスと3年・総年俸12億で契約を結んでいるデスパイネ選手。

一年に4億円が支給されるのですが、そのお金はデスパイネ選手の懐に入る・・・とは考えにくいですね。

社会主義国家キューバから派遣された選手と聞くと、デスパイネ選手にはどれくらいの金額が入ってくるのでしょうか。

気になりませんか?

打点王・デスパイネ選手のお陰で福岡ソフトバンクホークスは2017年、日本一に輝くことが出来ました。

マリーンズでもホークスでも頼りになる選手であることは間違いないのですが、それでもデスパイネ選手はキューバの人です。

キューバから派遣されてきた選手なのです。

残留や年俸を交渉するのはデスパイネ選手本人ではなく、キューバ共和国なのです。

キューバ政府というのは外貨獲得のために選手を派遣しているようで、デスパイネ選手も国のコマの一つのように日本に派遣されてきた1人なのですね。

表向きには、年俸の割合が『選手8・政府2』となっているのですが、実際は逆

選手は年俸の2割しかもらえないそうなのです。

ホークスからは年俸を4億出しているのに、デスパイネ選手の手元にはたったの8,000万円しか渡らないということになります。

あの温厚で茶目っ気たっぷりのデスパイネ選手の口からも

『オレの取り分が少ない』

と愚痴が漏れ出るほど。

それでも国を捨てられないんですよね。

なんだかんだ言っても、自分が生まれ育った国が一番好きなんですよね。

気持ちが優しい人だから、誰からも好かれ愛されるんですよね。

ソフトバンクホークス・デスパイネの背番号『54』の拘り

デスパイネ選手は、千葉ロッテマリーンズ時代の契約当初の背番号は『49』でした。

スポンサーリンク

しかし次のシーズンには背番号を変更することを発表しています。

背番号54はナショナルチームやキューバの所属チームなどでも、つけている愛着のある番号なので、今回もつけることが出来て非常にうれしい』

『この番号はマリーンズでは偉大な投手が背にしていた番号と聞いている。とても光栄だ。この番号を背に日本一になれるように熱く頑張りたいね』

このようにコメントしていました。

デスパイネ選手が言う、偉大な投手とは黒木知宏選手のことです。

千葉ロッテマリーンズの選手としてプレーを許されなくなり、福岡ソフトバンクホークスに移籍が決まっても、こだわりの背番号『54』がつけられたことに喜んでもらえたのでしょうか・・・。

デスパイネ選手のまとめ

これまでプロ野球には全く興味がなく『結果さえ分かれば、試合の過程はどうでもいい』と思っていました。

そんな私が昨年ヤフオクドームに足を運んだ回数が3回。

今宮選手しか知らなかったのに、今では選手も野球のルールも少しずつ分かるようになってきました。

『デスパイネ』。

日本チームに入るなら日本語くらい覚えてこいよ!なんて思っていましたが、こうして彼のことを知ってみると、好きな球団でプレー出来ないこと、年俸の8割を国が徴収してしまうこと、愛する家族と離れて戦っていること。

苦しい状況も、大好きな野球のために頑張っていると思うと、健気と言いますか、健気だなと感じ、好きな選手の1人になりました。

私たちファンは応援しか出来ません。

デスパイネ選手にはずっと、引退するその時まで福岡ソフトバンクホークスの選手として活躍して欲しいと思っています。

でも彼には決定権がありません。

決定権があったとしたら、きっと千葉ロッテマリーンズに戻ることを選択するでしょう。

それでも今は福岡ソフトバンクホークスの選手として、ダイナミックなホームランを!これからも期待してますよ!!デスパイネ!!!

スポンサーリンク