竹内愛紗はトロンボーンの名手!乗馬を習わせる両親ってどんな人?

竹内愛紗 トロンボーン 乗馬 両親

http://news.livedoor.com/

堀北真希さんや桐谷美玲さんを発掘・排出してきた事務所『スウィートパワー』から、また大型新人女優さんが誕生しています。

彼女の名は『竹内愛紗(たけうちあいさ)』さん、まだ初々しい高校生です。

年齢からすると、2019年3月をもって高校は卒業ということになりますね。

竹内愛紗さんの事務所・スウィートパワーが『いわき市にすごく可愛い中学生がいる』という情報をキャッチすると、スタッフや社長自らが総出でたった一人の女の子を探しました。

当時はまだ中学生だった竹内愛紗さんを見つけ出すと、本人を含め両親を口説き落とすこと実に10ヶ月。

中学校卒業・高校進学のタイミングで、竹内愛紗さんは芸能事務所に所属する事にしました。

その清楚・可憐な容姿と可愛らしい笑顔から、『福島の奇跡』とも『第二の桐谷美玲』とも囁やかれています。

そこで今回は、竹内愛紗さんの気になった特技と趣味についてまとめました。

スポンサーリンク

竹内愛紗はトロンボーンの名手!特技としては珍しい!

竹内愛紗の基本情報

名 前/ 竹内愛紗(たけうちあいさ)
出身地/ 福島県いわき市
誕生日/ 2001年10月31日
血液型/ AB型
身 長/ 164cm
趣 味/ 乗馬・音楽鑑賞
特 技/ トロンボーン
好きな食べ物/ いちご・オムライス・キャベツの千切り
事務所/ スウィートパワー

小学生の頃から吹奏楽部に所属していた竹内愛紗さん。

中学校にあがっても吹奏楽部を続け、副部長を務めるほど熱心に取り組んでいました。

そんな彼女が担当していた楽器が『トロンボーン』です。

勝手なイメージで女子に人気な楽器とは、フルート・クラリネット系やマリンバなどの打楽器系なのかと思うところですが、竹内愛紗さんが選んだのはトロンボーンでした。

しかし本当に好きだったのでしょうね、竹内愛紗さんのトロンボーンの演奏はかなりの腕前で、しかも竹内愛紗さんが所属する吹奏楽部は全国レベルでもトップクラスに入るほど強かったと言われています。

竹内愛紗さんが在籍していた福島県いわき市立植田中学校の吹奏楽部は、2016年全国日本吹奏楽コンクールに出場し見事に銀賞を獲得しているのです。

強い部活に所属していると、「もっと練習してもっと良い演奏ができるようにならなきゃ」と思うのが自然な流れではないでしょうか。

竹内愛紗さんは、マイ楽器をもっていると思われます。

そうでなければ、特技の項目に『トロンボーン』なんて書けませんよね。

学校の部活動で1~2時間程度を毎日練習するよりも、マイ楽器があれば自宅でもどこでも手軽に練習できるようになり、その分上達も早いです。

トロンボーンの種類

竹内愛紗 トロンボーン 特技

トロンボーンと一口に言っても種類がいくつかあり、学校で分類すると以下のようになることが多いようです。

テナートロンボーン   小学生向き

テナーバストロンボーン 中学生向き

バストロンボーン    高校生向き

楽器は低い音を出すほど大きく重たくなっていくので、体が小さい小学生は高い音のテナーで、進学するごとに楽器を大きくしていくのは納得します。

竹内愛紗さんは標準的な身長ですので小学生ではテナーを、中学生ではテナーバスを所有していたのではないでしょうか。

ただトロンボーンを購入するとなると、1台が200,000~300,000円以上と結構良いお値段がします。

それを2台持っているとなると500,000円以上はかかっています。

一般市民からすると、小・中学生が所有するには額が大きすぎますよね。

そこから考えると、竹内愛紗さんのご家庭はかなり裕福だと思われます。

こんな『トロンボーンあるある』がありました。

竹内愛紗さんも血豆を作りながら練習に勤しんでいたのでしょうか。

竹内愛紗の趣味が乗馬!?オシャレすぎでしょ!

竹内愛紗 乗馬 趣味

乗馬と言えば、一昔前までは貴族がたしなむ習い事でした。

それを中学生の女の子の趣味ではあまり聞き慣れません、竹内愛紗さんはどんだけお嬢様なのでしょうか。

まず乗馬クラブまで片道一体どれだけかかるの?・・・と思いきや、偶然なのか必然なのか福島県にはいわき市に一つだけ発見しました。

しかも竹内愛紗さん宅からは目と鼻の先だったと思われます。

実家の場所はわかっていませんが、竹内愛紗さんが通っていたであろう植田中学校からだと、いわき市の乗馬クラブ『ヘレナ国際乗馬倶楽部』へは車で10分ほどのところにあり、距離にすると約6kmですので自転車でも徒歩でも行けそうな範囲です。

ここは緑が豊かで、都会の喧騒を忘れさせてくれるとても静かで穏やかな環境の中にあります。

ヘレナ国際乗馬倶楽部

子供から高齢の方まで、別け隔てなく楽しめる乗馬クラブがここにあります。

初心者の人は体験乗馬レッスンコースがあり、スタッフさんからの乗馬の時の注意点などのレクチャーがしっかり受けられるので、安心して楽しめるマンツーマンのコースです。

一回30分で8,000円はリーズナブル?

少し乗馬に慣れてくると散策コースへと移り、馬に揺られながら大自然の風を感じる優雅なひとときを過ごせます。

スポンサーリンク

45分コースで10,000円です。

竹内愛紗さんは乗馬を趣味に挙げているほどですので、散策コースを楽しむレベルに留まっているわけがありませんよね。

この上は、トップクラスのインストラクターの指導が受けられる馬術レッスンとなります。

コースが4つに分かれており、『メンバー会員・ジュニアA会員(小学1~6年生)・ジュニアB会員(中学1年~高校3年生)・ビジター』のうち、竹内愛紗さんはジュニア会員でレッスンを受けていたことになりますね。

小学生までは一回のレッスンが30分・それ以上は45分と時間で区別しているのは、大きな馬に幼い子供を乗せて走らせるわけですから、未然に子供を事故から守る配慮となっていると思われます。

しかし金額面を長い目で見ると、上記にご紹介した『レッスンコース』よりも『メンバーコース』に入会した方が断然お得になってきます。

例えば小学4年生から中学3年生の6年間を、趣味と言うなら一月に4回通ったとしてそれぞれ計算してみました。

○● レッスンコースの馬術レッスン ●○

4×12×6=288     6年間で通う日数

8,000×2882,304,000円 馬の金額は高い方の8,000円で算出

(3,000+5,000)×288÷2=1,152,000円 馬の金額が低い方ではジュニアAが3,000円・ジュニアBが5,000円で算出

○● メンバーコース ●○
150,000+8,000×12×6=726,000円 入会金と月会費6年分

(途中の計算式がわからなくても)メンバーコースの方が圧倒的に安くあがりますよね。

バスケットボールやバレーボールを得意と話している竹内愛紗さんにとって、乗馬もすぐに乗りこなせるほど運動神経はバッチリのようです。

ということは、やはり『メンバーコース』で乗馬のレッスンを受けていたのではないかと予想されますね。

娘の将来に役に立つかわからない、趣味レベルにこれだけ投資できる竹内愛紗さんの両親って、かなりのお金持ちなんですね。

竹内愛紗の両親ってどんな人?

トロンボーン・乗馬だけでも分かる通り、小学生・中学生時代の竹内愛紗さんにはかなりの投資資金がかけられています。

竹内愛紗さんに兄弟がいたとすると、全員が同じことをしたいとは言わないにしても、同じくらいの金額が習い事にそれぞれ費用としてかかってくるでしょう。

ということは、もしかしたら竹内愛紗さんは一人っ子なのかも知れません。

トロンボーンの練習をするのに支障のない自宅は、かなり立派なお屋敷を想像してしまいますね。

これまでのことから推測するに、ご両親の職業は安定の公務員か、弁護士や医者、若しくは実業家とも考えられますよね。

しっかりした家庭のお嬢さんだったら、可愛い娘を芸能界になんて入れたいとは思わないでしょうから、事務所が10ヶ月も口説き続けたことも納得できますね。

竹内愛紗さんの初仕事は『ワイモバイル』で、事務所の先輩の桐谷美玲さんとの共演でしたね。

その3ヶ月後には週刊ヤングジャンプの表紙を飾り、若干15歳では異例の大出世です。

連続ドラマにも出演されましたし、娘の活躍に両親も胸をなでおろしているのではないでしょうか。

竹内愛紗さんのまとめ

パワースウィートがデビューさせるタレントは、皆さんBIGになられていますよね。

竹内愛紗さんも、大物女優になっていくのでしょうね。

トロンボーンの演奏シーンや、颯爽と駆けてくる乗馬シーンなどを披露する役が回ってくることに期待しましょう!

因みに、乗馬は全身のバランスをとる運動で有酸素運動にもなっているので、健康増進やダイエット効果抜群だそうです。

だからあんなにスリムなんですね。

竹内愛紗さんなら大丈夫!

これから爆発的に大ブレイクする竹内愛紗さんを、応援していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする