朝比奈彩の学生時代!芸能界デビューはモデルと女優!完璧なスタイル

朝比奈彩 学生時代 芸能界 モデル 女優 スタイル
遂に民法ドラマの女優として、本格的に始動する朝比奈彩(あさひなあや)さん。

ウェブドラマとしては既に女優活動を開始していましたが、Amazonプライム・ビデオと縁がない人にとっては、このドラマが初めての女優・朝比奈彩ではないでしょうか。

朝比奈さんは、足が長くてスタイル抜群!

さすがモデルを職業にしているだけあって美しすぎます。

出るとこは出て、へこむべきところもしっかりくびれがあって、スレンダーで羨ましい限りですよね。

出来ることなら、私だって朝比奈さんのような完璧なスタイルになってみたいものですよ。

そこで今回は、今後ブレーク間違い無し!!の朝比奈彩さんの学生時代や芸能界デビューの経緯、完璧なスタイル維持の秘訣などに迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

朝比奈彩の学生時代は○○三昧?

朝比奈さんが幼稚園時代に憧れていたのが『後藤真希』さんでした。

確かにモーニング娘。の中での後藤さんの輝き方は格別で、デビュー曲の『LOVEマシーン』は衝撃的で斬新だったように思います。

卒園文集の将来の夢に『モーニング娘。に入りたい』と思わず書いてしまうのも納得です。

こんなに幼い時期から、人前に立つのも平気だったそうで、これは自分でもびっくりされていました。

アイドルを夢見ていた朝比奈彩は今、モデル・タレント・女優として活躍の場を広げています。

朝比奈彩の基本情報

芸 名/ 朝比奈彩(あさひなあや)
本 名/ 松瀬彩(まつせあや)
レースクイーン名/ 北川彩(きたがわあや)
誕生日/ 1993年10月6日
出身地/ 兵庫県洲本市淡路島
血液型/ O型
身 長/ 171cm
体 重/ 50kg前後
家 族/ 父・母・彩さん・弟
趣 味/ キックボクシング・ロードバイク・料理
特 技/ 陸上競技。ゴルフ
事務所/ 生島企画室(生島ヒロシさんの事務所です)
(業務提携/ ハーモニープロモーション)

アイドルになりたいという夢を抱きながら小学校に上がった朝比奈さんは、3年生で陸上競技を始めました。

のめり込むように打ち込んだ陸上競技がよっぽど性に合っていたのでしょう、中学校・高校でも陸上部に入部し、好成績を収めています。

陸上競技といえば、短距離走や長距離走を始め、ハードル・リレー・障害物などがありますよね。

朝比奈さんは瞬発力が良かったようで、タイムを競う競技を得意としていたようです。

数々の記録を残している、一部をご紹介しますね。

第64回 兵庫県高等学校陸上競技対校選手権大会 淡路地区予選会
●100m走     13秒4  5位
●100mハードル  20秒5  1位
●4×100m     42秒4  2位
●走幅跳      4m74  2位

素晴らしい成績です!

なんでも、兵庫県の県大会出場の常連さんだったそうですよ!

中学生の頃なんて、20人もの男子から告白されたのに見向きもせず、全てを断って陸上競技一筋の10年間だったのです。

基本的に身体を動かすことが好きだったから、こんなにも長い間陸上競技に集中して打ち込めたのでしょうね。

高校3年生では陸上競技のキャプテンを務めるほどの実力をつけていました。

朝比奈彩の芸能界デビューはモデルに女優

幼稚園の卒園文集に書いた『モーニング娘。に入りたい』という夢が、小学校を卒業するときには『モデルの仕事』がしたいと、卒業文集に書き記した朝比奈彩さん。

しかし、高校生ともなると現実的に将来を考えるようになり、就職活動をしました。

朝比奈さんのご両親というのも、非常に厳格な方で「二十歳をすぎるまでは地元を離れるな」と言いつけ、夢にまで見た芸能界は一時的に諦めモードとなってしまいました。

高校を卒業すると無事に就職先も決まり、地元の産婦人科の助産師さんとして助手を一年半勤め、普通の生活を過ごしていました。

自分の二十歳が近づいて来るに連れて、完全に諦めきれていなかった芸能界への思いが日々色濃く蘇ってくると、

「ここで上京しなかったら私は一生後悔する」
「モデルの仕事をしたい」

遂に秘めたる思いをご両親に打ち明けるのです。

もちろん、すんなり許したもらえるわけでなく、何度も激しくぶつかり合い喧嘩して、やっとの思いで上京することを容認してもらえたのです。

ご両親としては芸能界という、危険な香りプンプンの世界にかわいい我が子を行かせたくないものです。

同時に、あれだけ容姿端麗の娘さんなわけですから、心配になるのはあたりまえですよね。

そんな思いがあったか、なかったかは定かではありませんが、朝比奈さんは上京して間もなく、チャンスをガッシリと掴みました。

2014年10月13日、『第3回DHCシンデレラアワード』でグランプリに輝き、雑誌『Ray』の専属モデルが決まったのです!

両親と喧嘩してまで芸能界を目指した思いが花開いた瞬間でした。

2015年、『三愛水着イメージガール』の14代目として就任すると、色っぽさや大人っぽさを磨き、メキメキと魅力的な女性へと成長していきました。

もし、将来の夢がアイドルのままだったとしたら、ヒラヒラのコスチュームでデビューはしていたかもしれませんが、朝比奈さんの魅力を最大限に発揮することなく、芸能界生活を終えていたかもしれません。

冒頭でも触れましたが、Amazonプライム・ビデオで配信された『東京アリス』というドラマで女優の活動を開始しています。

演技に関しても前向きに捉えているようですよ。

スポンサーリンク

共演する他の俳優さんとのテンポがぴったりハマった時や、もらった役を自分なりに解釈して、そのイメージが現場とドンピシャリに合った時などに、演技することが「面白い」と感じるそうです。

「新しいお話を頂けているということは、誰かが可能性があると思って声をかけてくれているので、可能性を信じてこれからも色々なジャンルで頑張っていきたい」

とても素敵な考え方だと思いませんか?

「私はモデルだから、レースクイーンだから、そんな仕事できません」とお高くとまることなく、どんな仕事でもひたむきに向き合えるのが素晴らしいですね。

他人と自分を比べるのではなく、自分自身と向き合い高みを目指す。これは陸上競技のときに培われた強い心なのでしょうね。

朝比奈彩の完璧なスタイル!どうやって維持している?

陸上競技にハマり込んで、楽しくて仕方がない時期であろう中学校に入りたての彼女の身長は、146cmと低めでした。

これは平均身長からしても低いですね。

しかし陸上競技が影響したのか、彼女が成長期だったからなのかはわかりませんが、たったの3年間で20cmも身長が伸びたそうです。

アンビリバボー!!

平均身長157cmと比べると、166cmの長身は目を見張るばかりの驚異的成長です。

高校生になっても毎年1~1.5cmくらい伸び続けて、現在の身長が完成しました。

モデルで第一線で活躍するために、やはりスタイルには気を使っているようです。

彼女のスタイル維持の極意は『よく食べ、よく寝て、よく運動する』とのこと。

これは人間が生きていく上で欲する欲求にもピタリと当てはまりますね。

『食う。寝る。遊ぶ』

毎日の生活にこの3つが最低限しっかりと守られるように努力をして、その上でお風呂上がりの足マッサージやストレッチを行っているんですって。

元々身体を動かすことが得意な朝比奈さん。

特に『運動する』面ではがむしゃらな考えを持っていまして、キレイな筋肉を身につけるため、日々の努力を惜しまないようです。

陸上競技で培った下半身の筋肉に近づけるため、上半身の筋肉を鍛える腕立てや懸垂を重点的にトレーニングに組み込んでいました。

朝比奈彩さんのまとめ

「二十歳まで地元を出ること」を許さなかったご両親。

半分諦めかけていた芸能界への道。

もしご両親が寛大で「頑張っておいで」なんて、すんなり出していたら、朝比奈さんはここまで本気で芸能界を目指さなかったかもしれません。

幼い頃からの夢を二十歳になるまで温存していたからこそ、あの時決意した上京が今の朝比奈さんに繋がったのです。

つくづく、アイドルに進まなくて良かったと思ってしまいます。

これから大きく飛躍すること間違い無しの『朝比奈彩』!

9等身の彼女を応援してきましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする