仲宗根泉って誰?女王が語る失恋ソング浄化パワー!HY人気曲3選

仲宗根泉 誰 失恋ソング 浄化 HY

恋をしていますか?

人を愛して、時には相手を傷つけて、そんな自分が嫌になって自分で傷ついて、仲直りをしてまた喧嘩をして。

そうして繰り返して人は成長をしていきますね。

でも中には、育んでいた愛がすれ違って別れを選ぶこともあります。

そんな時はいっぱい泣いて、落ち込むところまで落ち込んだら良いんだと思います。

悲しみや心の痛みをそっと優しく包んで癒しになってくれるのが『失恋ソング』ではないでしょうか。

今回は『マツコの知らない世界』に登場した仲宗根泉さんの事をご紹介します。

失恋ソングの女王が語る浄化のパワーとは?

仲宗根泉さんが所属するHYの数ある名曲の中にも、人気の失恋ソング3曲を厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

仲宗根泉って誰?

仲宗根泉の基本情報

名 前/ 仲宗根泉(なかそねいずみ)
出身地/ 沖縄県うるま市
誕生日/ 1983年11月1日
血液型/ A型
所属バンド/ HY(エイチワイ)
担 当/ ヴォーカル・キーワード

仲宗根泉さんは地元沖縄うるま市にある、うるま市あげな中学校・沖縄県立与勝高等学校を卒業し、2000年には高校の同級生5人で集まってバンド『HY』を結成しました。

2001年にリリースしたミニアルバム『Departure』でデビューしていますので、バンド活動を勤しむため大学には進学していないと思われます。

有名な話ですが、仲宗根泉さんとドラムを担当されている名嘉俊さんは、同級生でありながらいとこ同士という関係でもあります。

バンド『HY』では絶対的な存在感と歌唱力で、聞く人を魅了するパワーを秘めている仲宗根泉さん。

仲宗根泉さんの奏でる美しくも儚げなピアノの旋律と、説得力のあるピュアな歌詞をしっとりと歌い上げる歌声に、誰もが心を揺さぶられてしまうのです。

パワフルに活躍されている仲宗根泉さんですが、2012年に5歳年下の一般男性と結婚されていました。

女のお子さんが一人いて、2019年は小学校に上がるか上がらないかくらいの年齢になるのだそうですよ。

表情も豊かに感情をぶつけてくる年齢ですので、可愛くて仕方がない時期ではないでしょうか。

仲宗根泉・失恋ソング女王が語る浄化パワーとは?

仲宗根泉さんのそのふくよかなでおおらかな容姿からは『失恋』というワードが想像出来ないのですが、HYの楽曲の多くは仲宗根泉さん自身の実体験が元になっています。

現在の旦那様と結ばれるまでに5人の男性とお付き合いをしているのですが、そのうち3人がダメダメ彼氏だったそうです。

歴代ダメダメ彼氏の3人に共通して言えるのが、出会った頃は優しく接してくれるということ。

レディーファーストを心得ており、女性としては『お姫様』のように扱ってもらえるのでこれほど嬉しいことはありませんよね。

ところが付き合っていくうちに彼氏も慣れてくるのか、扱いが雑になって修復不可能なまでに豹変するそうです。

「もう、この恋は終わる」

仲宗根泉さんが彼氏との別れを悟った瞬間から3ヶ月間、その彼氏に尽くして尽くして尽くしまくるそうなのです。

ここが世間一般からすると理解しがたい部分ではありますが、「まだ私、こんなにあたなのことが好きなんだよ」という自分に酔いしれ、この恋愛に終止符を打つ時に後悔しないために命を燃やすんだそうです。

どんな理不尽な要求をされても、甲斐甲斐しく慎ましく彼氏に尽くしているこの3ヶ月間。

仲宗根泉さんの中に渦巻いている想いが歌詞制作の原動力となり、多くの女性の想いを代弁するような作品となって生まれるのです。

「自分がまだ愛している時に」

自分の想いが形になって初めて、彼氏との決別する勇気が湧き、前に進めるのでしょうね。

仲宗根泉HYの人気失恋ソング3選

そんな仲宗根泉さんの魂の叫びともとれる失恋ソング。

多くの人に聞いてほしいとファンが称賛するHYの音楽で、厳選された3曲紹介します。

『NAO』

自分の恋愛体験を元に楽曲を作っている仲宗根泉さんですが、この『NAO』は友人の失恋話を聞いて作られた曲です。

曲のタイトルはその友人の名前をそのままつけたそうです。

人を好きになるとその気持ちを相手に知られないように必死に隠しますよね。

今の関係が壊れないために。

でも、想っている相手に別の好きな人が出来たとしたら・・・、これほどまでに切ない気持ちにはならないでしょう。

スポンサーリンク

彼に好かれているあの娘になって「好きだ」って言われたいけど、それは叶わない願いなのです。

このままだと彼をあの娘に取られてしまうかもしれない。

そう思ってみても動き出す勇気がでない。

動き出すことでこれまで築いてきた関係が終わるかもしれないから。

片思いほど苦しい思いはありませんよね。

『Song for・・・』

仲宗根泉さんが当時20歳の時に書き起こした楽曲です。

恋に落ちた相手は、15歳の未成年。

お互いがこんなにも惹かれ合っているのに、幼い年齢なだけに周りの人からは応援さえしてもらえず、愛する彼を守るために別れを決断するのです。

会いたくても会えない、けれどあなたが成人して一人の大人に成長するまでずっと待っているという苦しくも辛い恋心を綴っています。

曲は切ない恋心を強く歌い上げていますが、実はその後、その5歳年下の彼氏と仲宗根泉は結婚して子供も設けています。

ハッピーエンドを迎えた今となっては、旦那様との思い出になっているのです。

『366日』

一年中こんなにあなたのことを、思っても思っても全然足りなくて溢れてくる切ない想いを綴っています。

力強い仲宗根泉さんの歌声から、戻ってこないあなたのことだけをどれだけ想っているのか、が伝わってきますね。

絶対にかなわない思いだからこそ、心にしみます。

この曲は2008年12月に公開された映画『赤い糸』の主題歌として起用され、現在は午後の紅茶のCMにも起用されていますね。

多くのアーティストがカバーする、HYの名曲です。

仲宗根泉って誰?女王が語る失恋ソング浄化パワー!HY人気曲5選のまとめ

失恋ソングの女王・仲宗根泉さんの描く風景は、自身が体験した恋愛を詩に認めたものです。

一つの恋が終わる時、後悔しないようにと3ヶ月間必死で尽くす・・・その強い思いからHYのキレイな音楽が生まれていたのですね。

仲宗根泉さんが紡ぐ歌詞に、あなたの傷ついた心が泣き叫ぶかもしれないけど、共鳴することであなたの失恋も浄化してくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク