ムロツヨシ独身の裏側に秘めた理由!壮絶な生い立ち故の本名NG?

ムロツヨシ 独身 生い立ち 本名ムロツヨシさんといえば、とても明るく、底抜けに明るく、おちゃらけたキャラクターでみんなに愛されている俳優さんですよね。

容姿端麗とは言い難いのですが、本当に愛嬌たっぷり屈託のない笑顔が印象的です。

お芝居に嫌味がない上に、どんなことも笑いに変えるところがプロとしての姿勢というか誇りなのでしょうね。

みんなのマスコット的な存在のムロツヨシさんですが、実は、これまでに壮絶な人生を歩まれていました。

一見悩みなんてなさそうですよね?

違うんです!

悩みがないんじゃなくて、『見せない』のです。

「こんな過去がありました」「同情してください」っていう姿を見せないのです。

そこで今回は、俳優ムロツヨシさんの独身の理由や、その壮絶な人生・生い立ちと、故に本名を非公開にしているわけについてまとめました。

スポンサーリンク

ムロツヨシが独身を通している理由

ムロツヨシさんは表情豊かで動きが可愛すぎるので、つい年齢を忘れてしましがちですが、実は40歳を越えています。

ムロツヨシの基本情報

芸 名/ ムロツヨシ(むろつよし)
本 名/ 非公開
出身地/ 神奈川県横浜市港北区菊名
誕生日/ 1976年1月23日
血液型/ A型
身 長/ 168cm
体 重/ 67kg
事務所/ ASH&Dコーポレーション

ムロツヨシさんは結婚を意識している女性がいるそうです。

女優の佐藤仁美さんです。

佐藤仁美 ライザップ

佐藤仁美さんと言えば、ライザップでガッツリ痩せてスリムに変身した女優さんですね。

二人は頻繁にお酒を飲む、飲み友達ということろから、もしかしたら付き合ってるんじゃないの?と噂されるようになりました。

年齢的にも佐藤さんはムロツヨシさんの4歳下ということで、お似合いのように思えますし、変な話ですが、二人共幼い頃に両親が離婚しているという共通点もあります。

ますます一緒になると幸せな家族になりそう・・・なのですが。

佐藤さんには『彼氏になる絶対条件25か条』なるものがあるんだとか。

「この25項目にガッチリ当てはまらないと、お付き合いは出来ません」というものですが、内容がちょっとびっくりします。

佐藤仁美の彼氏になる絶対条件25か条
① 身長173cm以上・27~46歳・年収1,000万円以上
② 外見はタッキー似・中身は有吉弘行
③ 1日1回必ず「かわいいね」と褒める
④ 朝起きた時は不機嫌なので絶対に話しかけてはいけない
⑤ 部屋が汚くなったらすぐ呼び出すので掃除をする
⑥ おはよう・いってらっしゃいのチューは絶対しない
⑦ 愚痴は聞いても愚痴は言わない
⑧ メールは3行以内で絵文字を使わない
⑨ メールの返信をしなくても不安に思うな!
⑩ お風呂は私より先に入らない
⑪ 酔って帰った時 起こすので話をちゃんと聞く
⑫ 私が友達と飲んでる時に連絡を絶対にしてはいけない
⑬ 待ち合わせは私よりも先にいること
⑭ 週7カレーでも大丈夫な人
⑮ エスカレーターの上りは後ろ、下りは前にいる
⑯ 夏でも短パンを履かない
⑰ 私が仕事で外出する時は猫の面倒をみる
⑱ ちゃんとしたご飯の食べ方ができる
⑲ 寝る前にゲームの相手をする
⑳ テレビを観ている時は話しかけない
21 外出は頻繁にしない
22 二人だけで旅行に行かない
23 家の中で仕事の話をしない
24 『俺の女』扱いしない
25 結婚しても旦那の稼ぎだけで生活し、私の収入は使わない

いえいえいえ・・・。

この条件にムロツヨシさんはおろか、誰がピッタリと当てはまるのでしょうか・・・?

佐藤さんは結婚したいとは言っていても、自分の御眼鏡に適った男性以外を寄せ付けるつもりはないようですね。

この条件を見る限り、お友達のポジションをキープしている方がムロツヨシさんのためになりそうです。

ムロツヨシの壮絶な生い立ちとは?

一方で、ムロツヨシさんはこれまで「結婚を意識したことがない」とおっしゃっているようです。

この言葉の裏には、ムロさんが幼い頃離婚した両親や家庭環境が少なからず影響していると思われます。

当時3歳だったムロさんに記憶が残っているのかは定かではありませんが、両親の喧嘩が絶えなかったと言います。

遂に両親の離婚が成立すると、ムロさん姉弟の親権は父親が持つのですが、すぐに違う女性の元へ行ってしまい育児放棄をしたのです。

姉弟は父方の親戚の家に預けられることになるのですが、ムロツヨシさんが小学校高学年のころに父親から連絡が来たかと思うと『結婚する』だったそうです。

父親と新しいお母さんと一緒に暮らせると思ったのもつかの間、なんと、ムロさんと祖父母か暮らしていたアパートの一室の隣に引っ越してきて、暮らし始めたというから驚きです。

隣の部屋で好き勝手に暮らす父親に祖母は情けなくなり激怒したそうです。

ムロさんの父親は親戚中を敵に回し、完全に絶縁状態になりました。

離婚して出ていった母親とも、一度も会えていないそうです。

ムロさんの笑顔の内側にはこんなにも悲しい過去が隠れていたなんて、悲しすぎます。

そんな両親の姿を見て育ったムロさんが、結婚にいいイメージを抱けるとは思いませんよね。

尻込みするのも納得です。

スポンサーリンク

トーク番組でも相手に配慮し気を利かせたコメントを返しているところからも、相手に嫌な思いをさせないかなどに、本当に気を使っているのだと思います。

ムロツヨシの本名は?非公開のわけ

しかし、ムロツヨシさんの本名って気になりませんか?

カタカナ表記されているから、余計に気になってしまいます。

しかし、調べても「ズバリ!これが本名です!」という情報はありません。

ムロツヨシさんが本名をひた隠しにするのには、離婚した母親への配慮からと言います。

ムロさんは、このように語っていました。

『本名なんでが、ちょっと珍しい名前なんです』

『別れてからずっと会っていないんですが、彼女(母親)もすでに新しい家族がいて、子供もいるようなんです』

『母親がテレビをみて「あ、私の息子だ」って目障りなんじゃないかって』

いくら離れて暮らしていても、自分のお腹を痛めて産んだ子供が分からない母親なんていないと思います。

大人になったとしても顔のパーツだったりだったり、両親の何かしらが出てしまいますもんね。

それでも、ムロさんは母親に嫌な思いをさせまいと、今もひたすらに本名を隠し続けているのです。

こんなにも壮絶な子供時代を生きてきたのに、本当に心の優しい人に成長したのは、奇跡だと思います。

ところでネットでは

NHKのEテレで、渡辺直美さんとの対談する番組に出演されたムロツヨシさんでしたが、ムロツヨシさん自身の初舞台・一人舞台のポスターが映りこんでいました。

そこに『作・演出・出演 室剛』と、漢字表記されていたそうです。

もしや『室剛』がムロさんの本名なのでは?と騒がれましたが、ムロさんが家族を守るためにひた隠しにしている本名を、そんな簡単に使うとは思えません。

『室剛』は舞台上での芸名、若しくは、入力の際の変換ミスと考えるのが妥当ではないでしょうか。

次に『福室剛』『窩剛』が本名ではないかという情報が飛び交っていますが、ムロツヨシさんはこのようにも言っています。

「自分の本名は画数が多く難しい漢字なのでムロツヨシと覚えてもらっている」

仮にこれが事実だとして『福室剛』も『窩剛』も、読みが分からないにしても決して『画数が多く難しい漢字』とは言えないようにも思います。

ムロツヨシさんの本名は、謎のままにしておきましょう。

ムロツヨシさんのまとめ

最近では俳優業よりもバラエティに引っ張りだこのムロツヨシさん。

カッコつけているつもりが、どうしてもコメディーになってしまうところが可愛くて仕方ありません。

こんなにもお茶目なのに、両親の離婚や育児放棄という事実があっただなんて信じられませんね。

願わくば、良縁に恵まれて結婚して幸せを掴んで欲しいと思います。

今後のムロツヨシさんの活躍を応援していきましょう!

●2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』に出演決定!
TBS系で10月12日22時スタートです。

●2018年秋ドラマ『今日から俺は!!』にも出演決定しています!
日本テレビ系で10月14日22:30スタートです。
『今日から俺は!!が実写ドラマ化!いつから放送?漫画をどこまで再現?』も一緒にご参照ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする