山口達也事件で5億の損害賠償?TOKIOメンバーの心境と復帰いつ?

山口達也 不祥事 離婚 アルコール 酒乱女子高生にわいせつ行為をしたとして書類送検されたTOKIO・山口達也(やまぐちたつや)さん。

現在は所属するジャニーズ事務所から無期限の謹慎処分を受けており、自宅で自責の念にかられている事と思います。

連日報道番組では自身の不祥事に伴い、デビューからの経緯やどのような活動をしていたのか、そしてファンの「裏切られた」という残念な声が放送されていますが、それを山口さんはどのような心境でみているのでしょうか。

もしかしたら、魂が抜けたようになっているかもしれません。

しかし『アルコール依存症』という病気なわけですから、こんな時でも、否、こんな時だからこそ「飲んでないとやってらんねーっ!」となっているかもしれません。

もし後者だったら、人として疑いますけどね。

奈落の底に突き落とされた山口達也さんですが、今回の事件での番組・CMの放送中止や契約解除などにより巨額の負債を被ることになりそうなのです。

そこで今回は、不祥事が招いた損害賠償や、この事実をメンバーがどのように受け止めているのか、そして山口達也さんの復帰時期についてまとめました。

スポンサーリンク

TOKIO・山口達也は5億の損害賠償が発生?

山口達也さんはたくさんの仕事を抱えていました。

まずは、現在出演しているレギュラー番組は以下の通りです。

テレビ番組
『Rの法則』Eテレ
『ZIP!』日本テレビ系
『幸せ!ボンビーガール』日本テレビ系
『TOKIOカケル』フジテレビ系
『ザ!鉄腕!ダッシュ!!』日本テレビ系
RADIO
『山口達也TOKIO WALKER』NACK5
CM
フマキラー『ベープシリーズ』
ヤマト運輸『企業』『宅配サービス』
福島県『県産農林水産物PR事業』
スズキ『ソリオ』『ソリオ バンディット』
こうして一覧にしてみると、流石ジャニーズ・流石トップアイドルと改めて思い知らされますね。

しかし、これだけの番組などの契約を打ち切り・放送差し替えとなると、トップアイドルが故に、違約金も相当な金額になりそうなのです。

テレビ番組
●『Rの法則』Eテレ
現在は放送をお休みという形をとっていますが、被害女子高生との接点の合った番組ですので打ち切る可能性が高いです。
打ち切るとなると、新番組制作費まで含めると1億円以上を賠償することになります。

●『ZIP!』日本テレビ系
すでに降板が決定しています。5,000万円以上

●『幸せ!ボンビーガール』日本テレビ系
山口さんが画面に映り込まないように編集して、放送する予定です。
編集の費用が3,000万円以上

●『TOKIOカケル』フジテレビ系
山口さんが画面に映り込まないように編集して、放送する予定です。
編集の費用が数百万円以上

●『ザ!鉄腕!ダッシュ!!』日本テレビ系
山口さんが画面に映り込まないように編集して、放送する予定です。
編集の費用が1,000万円以上

CM
●フマキラー『ベープシリーズ』
時期的なもので、4月現在は放送されていませんでした。
5月からの新ヴァージョンは、取りやめることで決定しました。

●ヤマト運輸『企業』『宅配サービス』
TOKIOの出演は当面見合わせる方針とのことです。

●福島県『県産農林水産物PR事業』
TOKIO起用のポスターは完全撤去されており、今後の起用は白紙に戻されました。

●スズキ『ソリオ』『ソリオ バンディット』
放送中止が決定しています。

CMの損害賠償は、企業と結んだ契約期間の残りの月数分に限られるそうです。

それぞれ、どれだけの契約を結んで、どれだけ残っているかまでは分かりませんが、ざっくり見積もっても1億円以上は固いと推測されます。

山口達也さん本人は「私の軽率な行動が・・・」などと釈明していましたが、それだけでは済まされません。

2016年の離婚の原因もお酒が絡んでいたわけですから、その時にキッパリと絶つべきだったのです。
『山口達也不祥事!離婚もアルコールが原因だった?酒乱の実態調査!』も合わせてご参照ください!

お酒の誘惑に勝てなかった結果、山口達也さんは肝臓を悪くしただけでなく、ファンや視聴者・スポンサーである企業からの信頼を失い、所属事務所には3~5億円という巨額の負債を負わせることになりました。

TOKIO・山口達也を失ったメンバーの心境

TOKIOのリーダーを務める城島茂さんは、山口さんの謝罪会見での発言に「ありえない」と厳しい非難をしました。

「30年連れ添った仲としてもありえないですし。筋を通す男だと思っていたんですけどね。一番筋を通していないですね」

「被害者の方、そしてご家族の方に対しての謝罪の念があれば、戻ってきたいとか、そういうことはまず言えないと思うんですよね」

同じメンバーの国分太一さんもまた

「23年間一緒に走ってきたからこそ、そんな甘えた言葉は山口からは聞きたくなかったです」

「それよりも、被害に遭ったひと、そしてその家族が普段の生活に戻れる、そこについてもっと語ってほしかったと率直に思っています」

と言葉を強くしていました。

それもこれも、いままで一緒に走ってきた仲間だからこそ、我が身のこととして重く受け止めた発言となっているのです。

「まずは被害者の方々が普段の生活に戻れるよう、それを望みながら一歩一歩ていねいに自分たちも考えていかなきゃいけないんだろうな」

TOKIOは今、更に強い絆で結びつき、グループ一丸となって山口達也さんの不祥事に向き合っていく考えを示しました。

TOKIO・山口達也の今後の復帰はいつ?

2018年4月26日に行われた謝罪会見ののち、山口達也さんは再び入院することとなりました。

1月の入院は、肝臓を休ませることを目的としていましたが、今回は精神的なことお酒を飲めない環境作りが目的のようです。

スポンサーリンク

やはりアルコール依存症はこんな時でも健在で、誰かに監視してもらわないとお酒に手を出してしまうんですね。

不祥事が発覚してからの約1ヶ月間、メンバーにも事務所にも誰にも報告せず、1人で悶々とした日々を送り、実際公になると事の重大さに生活が一変した山口達也さん。

山口さん本人としては、精神的に真綿でジワジワ絞められる思いだったのでしょう。

会見後の山口さんは憔悴しきっており、一回りも二回りも存在を小さくしている様子です。

「まだ先のことは考えられませんが、今は絶対(お酒を)飲まないと決めています」

と語ったそうですよ。

断酒と言えば

ジャニーズの断酒と言えば、元SMAPの草なぎ剛さんは2009年4月の不祥事のあと、2014年3月まで一切のお酒を自主的に断っていました。

草なぎさんは大先輩に勧められたお酒も、スマスマのゲストが作ったお酒も全て断り続け、この5年間は一滴も口にしませんでした

解禁のキッカケを作ったのがタモリさん。

芸能界の父と慕っているタモリさんが、スマスマのビストロSMAPにゲスト出演した時の一言で草なぎさんは禁酒を解禁したのです。

「禁酒もういいよ。今日から!」

5年ぶりのお酒に草なぎさんは「・・・美味い!!」と、解禁されたことを心から喜んでいたのを今でも忘れられません。

周りから酒乱と言われていた草なぎさんは、自らの強い意志で断酒を決行しました。

山口さんにそれだけの覚悟があるとするなら、TOKIOへの復帰の近道になると信じています。

ジャニーズタレント不祥事処分

元SMAP稲垣吾郎さん 『道路交通法違反・公務執行妨害』約五ヶ月謹慎。
元NEWS・関ジャニ∞内博貴さん 『未成年飲酒』グループ脱退扱い。
元NEWS草野博紀さん 『未成年飲酒』グループ脱退扱いの後、事務所退所。
元光GENJI赤坂晃さん 『覚醒剤取締法違反』事務所解雇。
元SMAP草なぎ剛さん 『公然わいせつ』約一ヶ月謹慎。
元Hey!Say!JUMP森本龍太郎さん 『未成年喫煙』グループ脱退扱いの後、事務所退所。
元KAT-TUN田中聖さん 『度重なるルール違反』事務所より契約解除。
TOKIO山口達也さん 『強制わいせつ』無期限謹慎。

『無期限』という表現があいまいで、事務所が「今日から活動を再開してもいいよ」と許すまでの処分となります。

その許しが出るのは一ヶ月後なのか、十年後なのか、事務所の判断に委ねられます。

『強制わいせつ』といえば、一般社会においては即解雇処分だってありえる重い罪ですので、このまま復帰することなく事務所を退所する可能性も否めません。

TOKIOとしての復帰は、少なく見積もっても一年間は見込めないでしょう。

TOKIO・山口達也さんのまとめ

お酒が招いた今回の不祥事は、大きな波紋が広がっています。

ついつい忘れがちになりますが、『タレント』とは『人』である前に『商品』です。

『商品』だからこそ、ファンがついてこないと売れることはありません。どれほど自分のイメージが重要なのかをしっかりと見極めなければなりません。

『商品』だからこそ、自分の意思を持つことなく輝き続けなければなりません。プラスになること以外の行動は慎まなければなりません。

『商品』だからこそ、クレームが起きれば全商品が撤去されます。

不本意かもしれませんがタレントとはそういうものなので、彼氏や彼女を公表するのはもちろん、結婚など本来はご法度、不祥事は問題外なのです。

自分の欲望を抑えられなかった不祥事の結果、3~5億円の違約金が発生するとされています。

商品として信用をなくした山口達也さん。

今後は、アルコールに頼らなくても真っ当な生き方が出来る人に生まれ変わり、失った使用を取り戻すために一つ一つを大切に立ち向かっていって欲しいものですね。

スポンサーリンク