緒方恵美の声優で演じたキャラと若い頃!クラウドファンディング挑戦

緒方恵美 声優 キャラ 若い頃 クラウドファンディング緒方恵美(おがためぐみ)さんといえば無邪気な少年の声から、艶っぽい女性やスマートな男性の声など、いくつもの声色を使い分ける達人です。

私自身も当時は、その甘い美声に撃ち抜かれていたひとりです。今考えると、宝塚のような感覚だったのかもしれません。

2017年には声優25周年を迎えられました。おめでとうございます!

緒方さんが好きすぎて、蔵馬が好きでウラヌスが大好きで声優を目指していた頃が昨日のことのように思えて懐かしいです。

と、いうわけで今回は、緒方恵美さんのことについて掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

緒方恵美の人となり

1965年6月6日生まれのB型。

身長が170cmで、女性としては長身の方ですね。・・・でも、幽遊白書当時は168cmだったはず。

声優・舞台女優・歌手と、広く活躍されていますが、彼女は元々、劇団に所属しミュージカル女優として舞台に立っていました。

当時のプロデューサーさんに「少年の役といえば緒方だ」と言わせるほどの実力を持っていました。

そこで『声優』をすすめられたことがキッカケとなり、声優の道へと導かれたという経緯があります。

緒方恵美が声優で演じたキャラクターとは

緒方恵美さんの代表作といえば、『幽遊白書』ですね。

色っぽさの中にも影のあるキャラクター『蔵馬』は、世の女性を虜にしていきました。

この蔵馬役が緒方恵美声優デビュー作品とされていますが、実はこの前にも出演したアニメ作品があるのをご存知でしょうか。

『ツヨシしっかりしなさい』の『山口静雄』や『八百屋の女房』。いやいや、もう一作品あったはずですが、思い出せません。

ここからは懐かしい作品と共にキャラクター名を一部だけ紹介します。

『幽遊白書』蔵馬・南野秀一
『ジャングルの王者ターちゃん』シーマ
『キャプテン翼J』三杉淳
『魔法騎士レイアース』エメロード姫・イーグル
『ヤマトタケル』ロカ
『美少女戦士セーラームーンS』天王はるか・セーラーウラヌス
『鬼神童子ZENKI』後藤晶・後鬼
『カードキャプターさくら』月城雪兎・ユエ
『遊戯王』武藤遊戯
『新世紀エヴァンゲリオン』碇シンジ
美少女戦士セーラームーンのセーラー戦士役の話が来た時は「遂に女性役だ!」と喜んだのですが、キャラクターを見た時に男性だったので「やっぱりそうか。そうきたか」と思ったそうです。女性ではあるんですけどね。

男性のイメージが強い緒方恵美さん。

エメロード姫は、ふわふわのゴールドロングヘアーの可愛いキャラクターでしたよね。エメロード姫にあてた声は、透き通っていて可愛い女性だったのにね。

なかなか、かわいい声が浸透しないのが悔しいですっ!

緒方恵美の若い頃に結婚?

緒方恵美さんが声優として華々しくデビューを飾るより以前に結婚と離婚を経験されています。

古い記憶を呼び起こす限りなのですが、彼女が最初の結婚に踏み切った理由が『母親にウエディングドレス姿を見せたかったから』です。

緒方さんの母親は、娘の結婚を強く願っていたそうです。

ご病気が発覚され余命を宣告された時、緒方さんは『母のために何が出来るか』を考えられ、出した答えが『結婚して母親を安心させること』だったのです。

その時のお相手は友人だったと記憶していますが、どんな友人だったかまでは明かされていませんでした。

既に劇団に所属していましたので、劇団の男性に頼み込んだのではないかと予想されます。

兎にも角にも、母親が入院される病室で結婚の報告をしたことで、安心されたようですよ。

母親が亡くなると、元々愛があって結婚したわけではない2人ですので、ゆくゆくは離婚ということになります。

お母さんを安心させるためだけの結婚。

離婚すればお互いバツイチとなることを納得の上で結婚に付き合われた友人さんは、懐の深い、そして信頼できる間柄だったということが読み取れるエピソードです。

現在、緒方さんは一般男性と再婚されています。なんでも13歳年下で、5年間の交際を経て入籍に至りました。

その間にも『うつ病』や『腰痛』を患ったせいか、少しぽっちゃりしました。

一時は舞台にも上がれないという噂が流れ非常に心配しましたが、声の調子を聞く限り取り越し苦労だったかもしれませんね。

緒方恵美クラウドファンディングに挑戦!

クラウドファンディングとは聞き慣れないワードですが、これは平たく言えば『資金調達方法』です。

スポンサーリンク

クラウドファンディングの仕組み

「こんな商品アイディアがあるけど開発資金が足りない!」
「こんな事業をすすめたいけど元手がない!」
「こんなモノを作りたいのに!」
「この問題はこんなふうにしたら解決できるのに!」

起案者がインターネットを通じて発信。その呼びかけに賛同する人から資金を集めるという仕組みです。

これは昔からあった考え方で、実はびっくりするようなことではありませんでした。

2017年、25周年の節目を迎えたこのタイミングで購入型クラウドファンディングに挑戦。

きっかけは、海外のファンの声に耳を傾けた事がはじまりでした。

「どうして私たちは、CDを手に入れられないの」
「ほしいのに」

と訴えかけられ、そのことを日本にいるファンに投げかけると緒方さんの熱い想いにファンが応えてくれサポートしてくれました。

日本の音楽や映像が違法に配信されたり、海賊版の横行の実態に警鐘を鳴らすべく、緒方さんは「正規の商品を海外のファンへ届けたい」という思いからプロジェクトを立ち上げ、アニメソングをカバーしたアルバム『アニメグ。25th』をリリースしたのです。

目標金額を大きく掲げていましたが、プロジェクト開始90分で1000万円を達成したそうですよ。

緒方恵美さんのまとめ

クラウドファンディングとは、すごいことを成し遂げられました。しかも大成功!

違法アップロード・海賊版の違法行為を野放しにしていてはいけません。今こそ日本のアーティストは自分の作品に誇りを持ち、声を挙げるべきです!

しかし再婚していたとは知りませんでした。ちゃんと愛する男性と巡り会えていたことに胸をなでおろしました。

きっとこれからも、いろいろな場面で活躍される緒方恵美さん。

またアニメの方でも出演されることを期待します!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする