入来茉里の新体操がすごい!ポワトリン二世役やラッキーセブンも出演

2020年2月16日。

 

入来茉里(いりきまり)さんは自身の30回目の誕生日に、俳優の柄本時生(えもとときお)さんと入籍したという報告で話題になっています。

 

『ご報告』と題して、次のようにコメントを発表しました。

 

いつも応援してくださっている皆様へ

先程発表させて頂きましたが

私、入来茉里は2月16日に

俳優の柄本時生さんと入籍したことをご報告させて頂きます。

(中略)

両親からもらった誕生日を

更に特別な日にしてくれた彼に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

なんとも幸せに溢れたコメントでしょう!

 

柄本時生さんは誠実で素敵な男性だから、どんな女性をパートナーに選ぶのだろうと思っていましたが、こんなにも笑顔がキラキラしている人だとは思いもよりませんでした。

 

そこで今回は、柄本時生さんの妻となられた入来茉里さんのことについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

入来茉里の新体操がすごい!

入来茉里の基本情報

名 前/ 入来茉里(いりきまり)

誕生日/ 1990年2月16日

出身地/ 鹿児島県

血液型/ O型

身 長/ 157cm

趣 味/ 映画鑑賞・舞台鑑賞・料理

特 技/ 新体操・絵画

事務所/ ホリプロ

 

入来茉里さんが芸能界に入ったきっかけは高校3年生の頃、2007年に開催された『第32回ホロプロタレントスカウトキャラバン』のオーディションを受け、審査員特別賞を受賞したことでした。

 

入来茉里さんの特技は新体操で、スカウトキャラバンの決戦大会では、その身体能力を自己アピールとして審査員を魅了しましたが、グランプリには僅か届きませんでした。

 

この新体操は12年間も続けていますので、小学生に上がるか上がらないかくらいの頃から習っていたことになります。

 

高校時代ではもちろん新体操部に所属、インターハイに出場するほどの実力者で、地元ではかなり有名だったようですよ。

 

 

新体操で培った身軽な身体能力と身体の柔らかさは、アクションでさえもスムーズでナチュラルで、ラインが非常に美しいですよね。

 

そして、見ました!!!?

 

スポンサーリンク

あれだけダイナミックな動きをされているにも関わらず、着地するときの音が静かなんですよ!

 

ドタバタしない感じが舞台では映えます。

 

入来茉里は美少女仮面ポワトリンの二世だった!

 

美少女仮面ポワトリンといえば、1990年1月から12月の1年間、日曜日の朝9時から30分の東映不思議コメディーシリーズ枠で放送されていました。

 

当時の小学低学年の女の子だったら、誰もが夢中になったドラマです。

 

愛あり限り戦いましょう。

命、燃え尽きるまで。

美少女仮面!ポワトリン!

 

あのポワトリンが、22年ぶりに二世として復活していたなんて!

 

今の今まで知りませんでした。

 

2012年12月8日に公開された映画『仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメイタム』で、入来茉里さんが華麗に変身して戦っていましたよ!

 

ポワトリンの衣装は22年前のまま、誇張されることもデザイン変更されることもありませんでした。

 

ただし、衣装の素材や動きやすさは改善してあるようで、美しい開脚がポワトリンでも披露されましたよ。

 

入来茉里はラッキーセブンの主要人物として出演していた!

実は入来茉里さん、嵐・松本潤さん主演のドラマ『ラッキーセブン』の主要人物として出演していたってご存知でしたか?

 

ラッキーセブンは2012年1月から3月のクールで放送されていたのですが、松嶋菜々子さんが社長を務める『北品川ラッキー探偵社』の一番目立たない女の子役だったんですね。

 

普段はOL的な仕事をしている地味で控え目にしているのが、ことコンピューターを目の前にすると機械オタクっぷりを発揮する・・・という役どころです。

 

目立たない地味な女の子役ではありましたが、事務員にしては似つかわしくない衣装と、白い肌をより白く見せる黒縁メガネが逆に目立っていました。

 

 

今も昔も変わらず可愛いですね!

 

入来茉里さんのまとめ

今回、柄本時生さんと入籍したことで入来茉里さんの存在を知ることができました。

 

入来茉里さんが『ラッキーセブン』に出演されていたことも知りませんでしたが、とても素敵な女性と言うことがよく分かりました。

 

入来茉里さんの公式オフィシャルブログに掲載されている画像は、まるで妖精の微笑みです。

 

どことなく榮倉奈々さんにも似ていますよね。

 

これからは男前の柄本時生さんの奥さんとして、ほんわか温かな家庭を築いていってほしいです。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする