岡田健史が俳優デビュー!!所属事務所はどこ?元野球部の演技力!

岡田健史 事務所 野球部 演技力2018年・秋、ついに大型新人俳優が芸能界デビューすることになりました。

岡田健史(おかだけんし)さんです。

岡田さんは初ドラマ出演にしてメインキャストに大抜擢されており、主人公演じる有村架純さんと恋に落ちる中学生という役どころ。

相手役がいきなりビッグ女優さんということで、本人もドキドキでしょうが、視聴するこちらの方がもっとドキドキしてしまいますよ!

この、黒岩晶という中学生はとてもむずかしい役らしく、オーディションは1年間もかけて行われたそうです。

さて、どんな作品になるのでしょう。

TBS系にて2018年10月の火曜日22時から放送開始の『中学聖日記』!今から放送開始が楽しみなドラマのひとつです。

そこで今回は、放送直前だから知りたい、大型新人俳優『岡田健史』さんの事務所のこと、高校生時代に野球部だったこと、そんな彼の演技力のことについてまとめました。

スポンサーリンク

岡田健史が俳優デビュー!所属事務所は?

岡田健史の基本情報

芸 名/ 岡田健史(おかだけんし)
誕生日/ 1999年5月12日
出身地/ 福岡県
血液型/ O型
身 長/ 180cm
体 重/ 67kg
趣 味/ 筋トレ
特 技/ 野球
憧れる俳優/ 山田孝之・菅田将暉
事務所/ スウィートパワー

2018年10月に俳優デビューが決まった岡田さんですが、中学一年生の時に九州の道端で現事務所・スウィートパワーにスカウトされたのがキッカケで芸能界デビューという運びとなりました。

しかしこのスカウト、意外にもスンナリとはいかなかったようですよ。

というのも岡田さんはスカウトされた当時、芸能界というものに全く興味を示すことがなかったからです。

事務所の猛アタックが5年間も続き、ようやく岡田さんが振り向いてくれたのでした。

5年間もスカウトし続けるって、並じゃないですよ!

それだけ岡田さんが魅力的だったということなのでしょうね。

中学一年生から高校二年生ともなると、野球もやっていたとのことですし、顔つきや体つきが子供から大人へと大きく成長する時期のはず。

初めて声をかけた瞬間の中学生の岡田さんも、成長した高校生の岡田さんも変わらない魅力を放っていたのでしょう。

いえ。もしかしたら、成長とともに魅力が満ち溢れていた可能性もありますよね!

スウィートパワー

岡田さんが所属しているスウィートパワーの社長とスタッフは全員女性だそうです。

しかもこの社長、自ら色々な場所に赴いてスカウトをしているんですって。

スウィートパワー所属の地方出身女優さんをご紹介します。

●堀北真希(中2)畑の横を歩いている時にスカウト・東京都清洲市
●桐谷美玲(高校生)地元で一番美人という評判だった・千葉県
●桜庭ななみ(中3)友達とプリクラを撮っている時にスカウト・鹿児島県
●高月彩良(11歳)スイミングスクールに通っているところでスカウト・神奈川県
そして今回は『福岡の道端』でスカウトされましたよね。

しかも社長は、『この人!』とインスピレーションを感じないと声をかけないと言います。

だから5年もかけて岡田さんを口説き落としたんですね。

納得です!

岡田健史が俳優デビュー!学生時代は野球少年だった

スカウトされても芸能界に目もくれず、毎日のめり込んでいたのが8歳の時から始めた『野球』でした。

何せ岡田さんは8歳にして甲子園を目指し、更にはプロ野球選手を目指していたのですから、練習にも力が入って当たり前ですね。

ポジションは、キャッチャーでした。

岡田健史 野球部

岡田さんの、野球部ユニホームにプロテクター姿はマジで惚れそうです。

だって、キャッチャーマスクの下では顔が見えないにしても、対戦相手のバッターの様子を窺ってピッチャーに指示を送ったり、全体を鋭い眼光で見渡して送球したりしてたんですよ!

どう考えてもカッコいいに決まってますって。

岡田さんが所属していた高校野球部は、甲子園は叶わなかったにしても九州大会を制覇しているそうです。

すご。

正直、プロ野球選手になって活躍する岡田さんの姿も見てみたかったと思いました。

岡田健史が俳優デビュー!野球少年の演技力はいかに?

青春時代の時間を全て野球に費やしてきた岡田健史さん。

高校3年生に野球部を引退すると、助っ人として演劇部の舞台を踏むことになりました。

この時に演じた役が、『特攻隊員』だったそうなのですが、この舞台をキッカケに演じる楽しさや芝居の魅力に目覚めるのです。

しかもこの演劇部、県大会まで出場していると言うから驚きですよね。

スポンサーリンク

これまで野球しかしてこなかった少年が、助っ人という立場で県大会にまでのし上がるなんて!

さすが!スウィートパワーの社長の御眼鏡に適っただけはありますね。

岡田さんの中で、将来なりたいと思い描いていた『野球』が『芝居』に変わった瞬間であることは間違いありません。

これを知った両親は激怒します。

当たり前ですよね。

これまで目指していたものとは全く違った世界に進もうとしているのですから。

猛反対を受けるも、岡田さんの熱意本気さに根負けした両親の承諾を得て、現事務所と契約を結びました。

助っ人で県大会まで行った実力はあるものの、これまで芝居・演技を一切してこなかった岡田健史さんですが、『中学聖日記』黒岩晶役のオーディションでプロデューサーさんは次のようにコメントしています。

「彼の純粋さや、いい意味で洗礼されていないピュアな感じ、また相手の目をまっすぐに見て話すことが、今回の黒岩晶と重なるものがありました」

まっすぐに見つめる瞳は、野球時代のキャッチャーで培われたものなのでしょうね。

今回の黒岩晶の役作りのため、撮影が始まる前に10kgも体重を落としたそうですよ!

芝居への意気込みは十分です。

新人俳優・岡田健史さんがドラマというマウンドで活躍する日が、だんだんと近づいてきましたよ!

●『中学聖日記』で相手役を勤める有村架純情報『有村架純がお嬢様jewel愛飲で痩せた!姉がブサイクで腹違い疑惑?』はこちらからご参照ください!

岡田健史さんのまとめ

先生と生徒の禁断の愛を描いたドラマと言えば、過去に『魔女の条件』という切ない作品がありました。

松嶋菜々子さんと滝沢秀明さんのカップルでしたね。

あの時も、惹かれ合うピュアな二人が引き裂かれ、切ない気持ちになりました。

今回の『中学聖日記』は、更に年齢を引き下げた義務教育の男の子と教師が恋に落ちる物語です。

相手役・有村架純さんが「壮大な恋愛物語になる」と言っていましたので、これまで以上の苦難が待ち構えているのかと思うと、胸が苦しくなりそうです。

どんな演技を魅せてくれるのか、今から楽しみですね。

今後、ブレイク間違い無しの大型イケメン新人俳優・岡田健史!

最初の一歩をお見逃しなくです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする